ALS1200シリーズ電気化学アナライザー

トップページ > 電気化学計測 > ALS電気化学アナライザー

ALS1200C ハンドヘルド電気化学アナライザー

モデル1200Cシリーズ ハンドヘルド電気化学アナライザーはWindows™OSのパソコンで制御する電気化学測定装置です。ポテンショスタットとファンクションジェネレーターがドッキングし、アンペロメトリック、CV測定などを行うことができ、パソコンのUSBを電源として駆動します。野外での測定も可能です。

モデル1200Cシリーズには大きく分けて
シングルポテンショスタットとバイポンショスタットの2タイプがあります。
詳しくはテクニック一覧のページをご参照下さい。

ALS1200C ハンドヘルド電気化学アナライザー

  • 特長
  • 仕様
  • テクニック一覧
  • ソフトウェア

ハンドヘルド電気化学アナライザー

モデル1200シリーズは分光電気化学計測の構築にも役立ちます。操作は測定モードを選択し、パラメータを入力することで自動的に測定を開始します。
分光学測定機器の脇に設置でき、スペースならびに電源の心配がありません。
これまでのシリーズからさらにパワーアップしました。

  1. ポテンシャル範囲、電流範囲が拡大
  2. 外部TTL信号による測定開始機能を追加
  3. USBバスパワー対応
  4. コンパクト設計、重さはわずか350 g
  5. 高感度ポテンショスタット機能
  6. pAレベルの電流が測定できる
  7. フィールドでの電気化学測定に最適
  8. CS-3Aセルスタンドのパージ制御および撹拌子回転制御機能を追加
  9. RRDE-3A 回転リングディスク電極装置のリモート制御を追加
    (※1240Cと1242Cのみ)

シンプルセットアップ :

USBケーブルを用いてコンピュータと接続することにより、通信・電源供給が行なわれます。ACアダプターは不要です。


USB接続 :

手のひらサイズのハンディーなポテンショスタットです。背面のパネルには電極ケーブル、USB ケーブル端子、15ピン入出力端子があります。



パラメータ モデル1200Cシリーズ
ポテンシャル範囲 ±5 V
電流範囲 ±50 mA
出力電圧 ±11 V
感度範囲 ±2.5 nA〜 ±0.05 A
(8レンジ)
入力インピーダンス 1×1012 Ω
最小電位分解能 100 µV
最大サンプリング速度 16bit @ 100 kHz
バックグラウンド電流 <80 pA
電流分解能 0.3 pA
スキャン速度 CV 1×10-6 〜 80 V/sec
パルス幅 CA, CC 0.001 〜 1,000 sec
パルス幅 DPV, NPV 0.001 〜 10 sec
周波数 SWV 1 〜 5 kHz
対応OS Windows™ 7 / 8.1 / 10
インターフェース USB 2.0
大きさ(W×D×H) 170×110×25 mm
重さ 0.35 kg

※Windows™ 10Sには対応しておりません。

モデル名をクリックするとWEB見積書に自動入力できます
テクニック 1200C 1205C 1207C 1210C 1220C 1230C 1240C
1202C 1206C 1208C 1212C 1222C 1232C 1242C
CV
LSV
CA
CC
DPV
NPV
DNPV
SWV
ACV
SHACV
i-t
DPA
DDPA
TPA
OCPT
SSF
STEP
RDE
Lmt CV Sim
Full CV Sim

モデル1200シリーズには14種類のモデルを用意いたしました。シングルポテンショスタットとバイポンショスタットのタイプがあります。

技術的なご質問については弊社営業までご連絡下さい。

テクニック略称一覧


1200A ソフトウエア

モデル1200 シリーズはWindows™対応のプログラムによりデータのサンプリング、解析が可能です。弊社上位機種モデル600シリーズとのソフトウェアのインターフェースは同じです。詳細についてはお問合せ下さい。



line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ