資料室


6-3 グラッシーカーボン電極の再生

 電極の研磨は三段階ありますが、必ずしも三段階の研磨全てを行なう必要はありません。

第一段階:グラッシーカーボン表面の大きな凹みを無くします( 粗削り用パットと蒸留水を使用)

第二段階:電極表面を大まかに研磨します( ダイヤモンド研磨剤とダイヤモンド研磨用パットを使用)

第三段階:仕上げをします( アルミナ研磨材とアルミナ研磨用パットを使用)

 効果的に研磨を行なうためには、各段階ごとに各パットを水で洗浄するようにして下さい。流水で電極表面から研磨剤を洗い流し、各研磨剤が混ざらないようにしなければいけません。 特に最終段階のアルミナ研磨に移る前には、粒子径が違うので、必ず洗浄するようにして下さい( 図6-1 参照)。

図6-1.グラシッシーカーボン電極の研磨

kf1.gif

1) 粗削り

 この研磨は粗削り用パットに水を滴下して行ないます( 図6-1-1 参照)。 表面を十分に水で湿らせ電極面をパットの上に置き、8 の字を描くように軽く力を加えて研磨します(図6-1-3 参照)。強い力を加えないようにして下さい。電極表面に大きな傷を付けてしまうことになります。研磨用パットを最大限に利用するために、パット全体上で円を描くようにします。研磨を30 秒〜 2 分程度行なうと表面の大きな凹みが無くなります。
 もし、長時間研磨を行なう場合、水を追加するか、パットを交換して下さい。次の段階に移る前に、電極から完全に汚れを洗い流して下さい。

2) 中間研磨

 この研磨は、ダイヤモンド研磨剤とダイヤモンド研磨用パットを使用し、( 図6-1-2参照) ダイヤモンド研磨剤( オレンジ色のスラリー) をよく振った後、パットの上に8 〜 10 滴程度滴下して研磨を始めます。この研磨を約2 分間行なうと、表面に輝きが出てきます。次の仕上げ段階の前に、完全に研磨剤を洗い落とし、電極表面をアセトンで拭き研磨剤を取り除きます。

3) 仕上げ研磨

 この最終仕上げ研摩段階では、電極表面の傷を取り除く工程です。アルミナ研磨用パット( フェルトの茶色パット) に水を10 滴程度落とした( パットが湿る程度) 上にアルミナ研磨剤を数滴のせ、研磨を始めます( 図6-1-2,3 参照)。3 〜 4 分後、蒸留水で完全に研磨剤を洗い流し、表面を柔らかい紙( キムワイプ等) で拭きます。

line
トップページ  ボルタンメトリー用電極ハンドブック  6 研磨方法について