マイクロダイアリシス

MD / MAB6 プローブ / MAB6プローブの前処理

MAB6プローブの前処理

  1. MAB6 プローブは乾燥状態で提供されています。リンゲル液を シリンジポンプ等 にて送液し、プローブ内の気泡を取り除くために、下 記の条件で5 ~ 10 分フラッシュして下さい。

    流速/アウトレットチューブの長さ
    15 μL/min 300 mm
    40 μL/min 200 mm
    50 μL/min 100 mm

  2. プローブのインレットチューブは専用チューブコネクターを 使って接続します。
  3. MAB プローブとコネクターを見ながら2 μL/min で通液し、 液漏れと気泡をチェックします。プローブを破損する小さいゴ ミが灌流液にないことを確認します。

一度プローブを灌流させた後、使用しない場合、プローブは乾燥保存して下さい。プローブをフラッシュする場合、顕微鏡で観察しますとメンブランは汗をかいているように見えます。

line
トップページ   マイクロダイアリシス