マイクロダイアリシス

MD / MAB7 フレキシブルプローブ

MAB7 フレキシブルプローブ Pharmacokinetics

mab7


MAB7フレキシブルプローブはMAB3と同じ使用材料、形状です。末梢組織からのサンプリングに利用できます。プローブサイズは小さいので小さな組織に最適です。
MAB3プローブとの違いは使用している膜の排除限界です。MAB7プローブの膜は15,000 Daltons (Da) PESです。
組織にプローブを挿入するためのイントロデューサーを用意しております。イントロデューサーはスプリットチューブとニードルから構成されます。 イントロデューサーMAB3と同じです。
プローブにはインレット/アウトレットチューブか取付けてあります。また、プローブの特注も承ります。

・膜外径は 0.6 mm
オートクレーブ
・フレキシブルシャフト
イントロデューサーを用意



MAB7 プローブの仕様

特性 MAB 7
メンブランの材質 PES (Polyethersulfone)
分子量のカットオフ 15,000 Da
外径 600 μm
膜長 4,10 mm
シャフトの材質 ポリウレタン
長さ 8,35,80 mm
外径 500 μm
内筒管の材質 Polyimide
内筒管外径 230 μm
Inlet tubing 20cm FEP tubing(赤)
Outlet tubing 20cm FEP tubing(透明)
デッドボリューム
MAB7 シャフト長 8 mm 膜長 10 mm Inlet:4.1 µL,Outlet:5 µL
MAB7 シャフト長 35 mm 膜長 4mm Inlet:4.1 µL,Outlet:5 µL



MAB7 プローブの種類

カタログNo. 品名及び明細 シャフト長 膜長 入数
010722 MAB 7 プローブ 8 mm 10 mm 3 本
010723 MAB 7 プローブ 35 mm 4 mm
010724 MAB 7 プローブ 80 mm 10 mm
MAB 7プローブ 特注(5 パッケージ) 3 本



注意
MAB プローブに過剰な灌流速度を通液しますと、MAB プローブのメンブレン上に" 汗かき現象" がみられます。
m38.jpg

これはプローブの液漏れの原因になりますので、流速による負荷は出来るだけ避けて下さい。
プローブ内部に空気がありますと、回収率の低下の原因になりますので、灌流液の脱気、灌流液のフラッシュ操作を行なって下さい。

下記の流速を超えないこと

流速(µL/min) アウトレットチューブ(mm)
50 100 mm
40 200 mm
15 300 mm


保存
MAB は使用後、綺麗な蒸留水中に浸漬して保存して下さい。

滅菌
PES メンブレンが使用されているMAB1, 2, 3, 4, 6, 7, 8, 9, 11 プローブはオー トクレーブ滅菌を行うことができます。プローブを滅菌バック に入れ、”121℃でのオートクレーブ滅菌” を行うことができま す。


line
トップページ   マイクロダイアリシス