マイクロダイアリシス

MD / MABプローブの前処理

MABプローブの前処理

MAB プローブは3 種類の膜を使用しています。

  1. ポリエーテルスルホン(PES/Polyethersulfone) 膜
  2. ポリエチレン(PE/Polyethylene) 膜
  3. カプロファン(CUP/Cuprophane) 膜

膜材質により、回収できるサンプルの種類、目的の組 織へのダメージ、回収率等が変わります。
MABプローブの選択 にMAB プローブの仕様を示します。

ポリエーテルスルホン膜のプ ローブを使用する場合、リンゲル液を通液し、プローブ 内部の気泡を除去した後、ご使用下さい。
メンブランにいろいろな物質が結合して回収率に影響 を及ぼすことがあります。

カプロファン膜は、 グリセロールにて乾燥を防止しています。グリセロール が膜の細孔に付着していると物質の回収率を低下させま す。
最初にリンゲル溶液をシリンジに充填し、2 μ l/min で10 分間通液すると、膜表面、細孔に付着しているグ リセロールが溶解し、完全に除去できます。
また、使用 後のプローブを空気中に放置しますと、膜が乾燥してし まい回収率の低下が起こります。
プローブは蒸留水中に 浸漬して保存して下さい。

line
トップページ   マイクロダイアリシス