マイクロダイアリシス

MD / 血管・組織への埋め込み

血管・組織への埋め込み

イントロデューサーとスプリットチューブ
イントロデューサーとスプリットチューブ


1. スプリットチューブを通してプローブ を挿入します。血液が大量に出血しない ように手術は迅速に行ないます。胸の筋 肉がプローブの周りの血管をシールしま す。


イントロデューサーの挿入
イントロデューサーの挿入
2.麻酔下のラットは外科手術の間、体温 をコントールします。イントロデューサ 胸の筋肉に通し、血管を締め付けないよ う注意して下さい。
プローブの両端が固定されるように縫合
プローブの両端が固定されるように縫合
3. ピンセットで胸の筋肉を持ち上げ筋肉 を通して血管にイントロデューサーを挿 入する。イントロデューサーは約10 ゜ の角度で胸の筋肉を通します。プローブ の両端が固定されるように縫合します。
割きながらチューブを取り除く
4.注意深くスプリットチューブを上 下動し、割きながらチューブを取り除きます。




頭蓋骨または襟首、背骨からチューブを出します

5.プローブのチューブの損傷を防ぐた めに動物の皮膚の下にインレット/ アウト レットチューブを通し、頭蓋骨または襟首、 背骨からチューブを出します。







イントロデューサーの取扱い方法
イントロデューサーの取扱い方法



line
トップページ   マイクロダイアリシス