ALS802シリーズ電気化学アナライザー

トップページ > 電気化学計測 > ALS電気化学アナライザー

ALS802Dデュアル電気化学アナライザー

ALS802Dシリーズ 高感度デュアル電気化学アナライザーはWindows™OSのパソコンで制御する電気化学測定装置で、高い信頼性・応用性を有する測定装置です。ポテンショスタットとファンクションジェネレーターがドッキングし、アンペロメトリックからCVテクニックまでの14項目の測定が実行できます。

ALS802Dシリーズ デュアル電気化学アナライザー

  • 特長
  • 仕様
  • テクニック一覧
  • 測定例
  • オプション

高分解能による電気化学分析

  1. 測定下限電流は1 pAで高分解能による電気化学分析(ALS600Eと比べて感度レベルが上がります)
  2. 1 μVから500 V/secまでのスキャン速度の選択が可能
  3. 電位範囲は±10 V
  4. 電流範囲は±10 mA
  5. 4種類の波形選択が可能
  6. 光電気化学測定への応用 ALS802シリーズは電気化学のメカニズム測定はもちろん、測定電流のダイナミック範囲が広く、LCEC、分光電気化学測定に有効です。例えば1チャンネル側は電気化学測定、2チャンネル側は分光スペクトルデータを同期しながらサンプリングします。

    <<デュアル測定で利用可能なテクニック>>
  • CV
  • LSV
  • CA
  • DPV
  • NPV
  • SWV
  • アンペロメトリーi-t
パラメータ モデル802Dシリーズ
ポテンシャル範囲 ±10 V
電流範囲 ±10 mA
出力電圧 ±13 V
感度範囲 1×10-12 〜 0.001 A/V
入力インピーダンス 1×1012 Ω
最小電位分解能 100 μV
最大サンプリング速度 16bit @ 1 MHz
バックグラウンド電流 <10 pA
電流分解能 0.01 pA
スキャン速度 CV 1×10-6 〜 5,000 V/sec
パルス幅 CA, CC 0.0001 〜 1,000 sec
パルス幅 DPV, NPV 0.001 〜 10 sec
周波数 SWV 1 〜 100 kHz
対応OS Windows™ 7 / 8.1 / 10
インターフェース USB 2.0
大きさ(W×D×H) 365×235×125 mm
重さ 3.5 kg


モデル名をクリックするとWEB見積書に自動入力できます
テクニック 802D 812D 822D 832D 842D 852D
CV
LSV
SCV
TAFEL
CA
CC
DPV
NPV
SWV
ACV
i-t
SHACV
DPA
DDPA
TPA
IPAD
BE
HDV
IMP
IMPT
IMPE
CP
CPCR
PSA
ECN
OCPT
SSF
STEP
ISTEP
RDE
Lmt CV Sim
Full CV Sim


テクニック略称一覧


微小電極高感度DPV測定

パラメータの設定
dpvpa.jpg



測定した結果
mdpv.jpg
  • SVC-2 ボルタンメトリー用セルをMCAモードでご使用頂くと、200μlのサンプル量で電気化学計測が可能です。
  • 実験条件
    • 作用電極:Pt(10μm)
    • 0.5M KON3 水中でA:0.5mM; B:0.05mM; C:0.01mM; D:0.005mMのK3Fe(CN)6E:background




・多機能ファラデーケージ
・スターラー機能付き
・ガスパージ機能付き


・ピコアンペアブースター
・高感度測定オプション
・CS-3Aと併用
・ALS600/700/802シリーズ対応


・マルチプレクサー
・8?64chまで対応
・ALS400/600/700/802/
 900/1100シリーズ対応




line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ