資料室


ビー・エー・エスセミナー 2012年第2回 Vol.6



更新日:2012-12-04

line

『CIMPS太陽電池評価システムのご紹介』

ビー・エー・エス株式会社
デモコーナー

CIMPSは、I-V測定によってFill Factor、最大出力、量子効率(QE、IPCE)を容易に算出できるほか、電気化学インピーダンス(EIS)や光強度変調による動的な光電気化学変換過程(IMPS、IMVS)の測定、シュミレーション、フィッティングなどを行うことができる太陽電池評価システムです。

詳細ページはこちら

これまで周辺機器の影響で正確な光強度・変調を制御することが困難であったレーザー光源を廃止し、光源としてLEDを採用しました。さらに、光強度をモニタリングし、光源専用のポテンショスタットへフィードバックしながら制御するため、これまでのシステムでは成し得なかった正確かつ安定的な光源を、広い周波数範囲で供給することができます。

<<セミナーの様子はこちら>>