資料室


1-7 サイクリックボルタンメトリーによるEiとEsの選択

fig3.gif
図1-3 可逆系のサイクリックボルタモグラム(EO=0V,n =1)

EiとEsをどのように選ぶかはクロノクーロメトリーの実験で重要な点です。EO,ROの特定されていない酸化還元系ではやや難しい場合もあります。通常サイクリックボルタンメトリーの測定から、用いた作用電極と支持電解質系 で酸化還元対がどの電位域にあるかが求められます。

可逆系の典型的なサイックリックボルタモグラムを図1-3に示します。Oのみが溶液中にあり、EO,ROはゼロボルトとし、1電子過程を考えます。表1からわかるように、Ei=+118mVからEs=-118mVにステップした時、表面濃度比CRO/COO は1/100から100/1に変ります。

この変化はOの表面濃度を事実上零にするのに十分であり、式(5)(1-6電荷応答のページ)が成り立ちます。濃度比が十分変化してOの表面濃度が確かに"事実上零"であるためには、可能ならばもっと大きな電位変化を与えて下さい。例えば、+177mVから-177mVへの変化は1/1000から1000/1 への濃度比の変化を与えます。

line
トップページ  ボルタンメトリー用電極ハンドブック  1 クロノクーロメトリー