資料室


6-5 カーボンペースト電極の作製

 カーボンペースト電極の特長はカーボンペーストを充填し研磨する毎に新しい電極ができることです。カーボンペーストの不利な点は白いワイシャツを着て充填しますと、汚してしまいます。(白衣を着用!)
 カーボンペーストは水系に溶解する化合物の研究を行なう場合、面白い実験を行うことができます。例えば、化学物質とカーボンペーストを混合して化学修飾電極の作製、酵素とカーボンペーストを混合して酵素電極の作製が手軽にできます。
 カーボンペーストは有機溶媒に溶けてしまいます。使用しない場合、カーボンペーストはコンタミを起こし易いので、バイアルを締めて保存して下さい。

カーボンペースト電極作製の過程

電極の孔から古いカーボンペーストを、先の尖った器具(楊枝など)で取り除く

図6-6.電極の孔からカーボンペーストを先の尖った器具(楊枝など)で取り除く

スパーテルで電極の孔にカーボンペーストを山盛りする

図6-7. スパーテルで電極の孔にカーボンペーストを山盛りする

カーボンペーストを電極の孔に固く充填する

図6-8. カーボンペーストを電極の孔に固く充填する

平らな紙の上で余分なカーボンペーストを取り除く

図6-9. 平らな紙の上で余分なカーボンペーストを取り除く

カーボンペースト電極面を平らな紙の上で研磨する

図6-10. カーボンペースト電極面を平らな紙の上で研磨する

line
トップページ  ボルタンメトリー用電極ハンドブック  6 研磨方法について