電気化学測定用電極

トップページ > 電気化学測定用電極・セル

1-1. サイクリックボルタンメトリー測定

リニアースイープテクニックは初期電位から最終電位の間、一定のスキャン速度で電流応答をサンプリングしながら測定します。サイクリックボルタンメトリー(CV)は最終電位に到着しますと、スキャン方向が逆転して再度スキャンします。前方向(forward)スキャンで生成された電気化学反応物質は逆方向のスキャンで可逆性が調べられます。本特長によりCV測定が広く利用されています。
下図に示すようなポテンシャル波形を印加しますと、CV波形により物質に関する次の情報が得られます。

Image2-1.jpg
  1. 酸化・還元種の安定性
  2. 酸化・還元種の吸着の有無
  3. 反応速度定数
  4. 反応機構
  5. 電気化学的に可逆または不可逆
  6. 標準酸化還元電位
    E0=(Epa+ Epc)/2
  7. 電子移動数
    △E=Epa- Epc=58/n
    n:分子当たりの電子移動数

◇◆◇詳細はこちら◇◆◇

David K.Gosser,Jr.,Cyclic Voltammetry Reaction Mechanisms,VCH Publishers,Inc1994.


line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ