資料室


電気化学の基礎 Vol.1



更新日:2006-05-16

line

『電流が流れる仕組み』

元東京大学工学部 助教授
渡辺 訓行
(ビー・エー・エス株式会社 顧問)
講師のプロフィール

【本編内容】(本編 約50分)

  1. スタート
  2. 電気について考える
  3. 電荷と電流
  4. イオンについて
  5. カーボン電極を硫酸溶液に浸漬し1V印加した場合どうなるのか
  6. 電解質溶液に1Vの電圧を印加した直後の電位分布
  7. ある時間経過後の変化
  8. コンデンサーとして機能
  9. コンデンサーに電圧をかけると・・・
  10. どれだけの時間、電流は流れているのか
  11. 基準電極
  12. ポテンショスタット

【概要】

電流が流れる仕組みについて解説します。

電子は電荷を持っています。この電子、水の中では単体で存在しません。Cl-などのイオンとして存在し移動します。電荷を持ったもの(イオン)が動く=電流となります。これに対して固体の中の電流の担い手は電子そのものであります。電圧をかけると電場により電子(イオン)が動き電流となります。

ところで、電圧と電位(=ポテンシャル)をはっきり区別できる人は意外と少ないのではないでしょうか?ここではその違いについて詳しく解説いたします。