マルチチャンネル小型分光器

トップページ > 分光分析

SEC2020スペクトロメーターシステム

ポテンショスタットと組合せ、光電気化学測定に最適!
Extended Range 200 nm ~ 1025 nm 対応

SEC2020スペクトロメーターシステム


●UV/VIS/NIRの広波長モデル

●重水素ハロゲン光源付属

●測定用プラットフォーム付属

●解析用ソフトウエア付属

●SMA905接続端子付属

●専用収納BOX付属

●定価:680,000円(ソフトウェア含む/税別)

SEC2020 スペクトロメーターシステムは、光電気化学測定を中心に、様々な分光測定を可能にするマルチチャンネル分光器です。高機能なグレーティングと光学設計により、1台で紫外から近赤外(UV/VIS/NIR)までの広波長域を高感度に測定可能です。
光源には小型モジュール化された重水素ハロゲンランプを使用し、付属のプラットフォーム上にセルホルダーと共に固定して測定に用います。
また、分光器と光源にはSMA905コネクタが付属している為、各種光ファイバーやプローブを接続し、オリジナルの測定システムを構築する事も可能です。
システムには、専用の収納ケースも付属しますので、必要な際に簡単に取り出して測定が行えます。

SEC2020スペクトロメーターシステムの構成

SEC2020スペクトロメーターシステムは、下記の 分光器、キュベットホルダー、光源、プラットフォーム コリメーティングレンズから構成されております。
光電気化学測定や吸光度測定は、プラットフォーム上に各機器を固定して測定を行います。
浸漬プローブや光ファイバーを使用した測定では、分光器及び光源に直接光ファイバーを接続してご使用頂けます。
分光器はUSBケーブルでパソコンに接続し、Spectra Smart 解析用ソフトウェアでコントロールいたします。

SEC2020スペクトロメーターシステム構成

  • 光学構造
  • ソフトウェア
  • 仕様

SEC2021 スペクトロメーターの光学構造

光学構造
①SMA905コネクター
②スリット
③コリメートミラー
④グレーティング
⑤フォーカスミラー
⑥2048素子 CCDアレイ

SEC2020 スペクトロメーターシステムはツェルニターナ光学マウントを採用しています。この方式は④のグレーティングを中心に左右対称のM字型の構造で、収差の極めて小さい光学系となっております。

SpectraSmart 解析用ソフトウェア

スペクトルの重ね書き
色度評価
●吸光度測定
●反射測定
●透過率測定
●色度図表示
●放射強度測定
●経時変化モニタリング機能
●ビデオキャプチャー機能
●データの重ね書き機能他

SEC2020 スペクトロメーターシステムの構成・仕様

カタログNo.をクリックするとWEB見積書に自動入力できます
品名
013609 SEC2020 スペクトロメーターシステム
システム構成
SEC2021 スペクトロメーター
検出器 2048素子リニアシリコンCCDアレイ
測定波長 200~1025 nm
グレーティング ブレーズ波長(300 nm)
スリット 25 µm
波長分解能 1.3 nm
ファイバーコネクタ SMA905 コア径:600 µm NA=0.22
インターフェース USB2.0
対応OS Windows™ 7 / 8.1 / 10  (32bit / 64bit)
大きさ(W×D×H) 86×110×32 mm
SEC2022 重水素ハロゲン光源
光源 重水素ハロゲン光源
波長範囲 200~1700 nm
安定性 <0.1%
ドリフト 0.25%/h
ランプ寿命 >1000 h(D2ランプ) / >2000h(ハロゲンランプ)
ファイバーコネクタ SMA905
消費電力 12 DCV , 25 W
大きさ(W×D×H) 100×165×46 mm
その他
SEC2023 キュベットホルダー
SEC2024 プラットフォーム

お問合せはこちらから

line
トップページ電気化学計測電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ