サポートと保守

商品に関するQ&A

電極等の消耗品関連

参照電極に関するご質問

Q.現在RE-1Bを使用しております。内部の液を補充するにはどうしたら良いのですか?

A.「RE-1B 水系参照電極(Ag/AgCl)」とその小さいタイプの「RE-1S 水系参照電極(Ag/AgCl)」は内部溶液の補充はできませんので、少なくなってしまった場合は、新しいものへの交換をお勧めしております。
また、先端の液絡部が乾燥したり、詰まってしまった場合も使用できませんので、ご注意下さい。


Q.新品なのに、内部の液が満杯ではなく少し減っているようですが?

A.製造上どうしても電極内部に気泡が入ってしまいますが、少量の気泡は測定に影響されないと思われます。また、長時間使用しないで放置しますと、気泡が大きくなることもありますのでご注意下さい。


Q.実験後、電極先端のイオン透過性ガラスが変色してしまいました。このまま使用できますか?

A.イオン透過性ガラス部分の色ですが、変色しても測定には影響の無い場合が多いようです。イオン透過性ガラスは構造上、色が沈着しやすい素材です。目詰まりを起こさなければ、問題ないと思います。
使用できないものは、半波電位が大きくなったり、これまで得られたボルタモグラムと比較し、ピーク電位のズレが生じます。


Q.RE-7 非水溶媒系参照電極は塩化メチレン溶媒で使用可能でしょうか?

A.RE-7の電極液は納品時、電極とは別の瓶に詰めてお送りしており、標準の電極液にはアセトニトリルとTBAPが入っております。塩化メチレンでご使用いただくのであれば、使用する電解液を内部に入れるのが良いかと思います。
詳細は以下の書籍をお勧めいたします。


Q.RE-7シリーズなど、非水溶媒系参照電極の参考電位を教えて下さい。

A.有機溶媒中では電位が不安定なので、決まった数値をお伝えすることができません。詳細につきましては、以下の書籍をお勧めいたします。

参照電極用銀塩化銀インクに関するご質問

Q.銀塩化銀インクを購入しました。早速使用しているのですが、電位が安定しません。塗って乾燥させるだけで使用できるのではありませんか?

A.Ag/AgClは支持電解質中に塩化物イオン(Cl-)があってはじめて安定する電極です。塩化物イオンが十分にないと、AgClが溶液中に溶け出して不安定になります。お客様の測定するサンプル溶液の中に、3M以上の塩化物イオンは入っていましたでしょうか?溶液中に十分な塩化物イオンがあることにより安定しますので、3MとなるようにNaClやKClなどをサンプルに添加してください。直接サンプル中にNaClやKClを添加するのが困難な場合は、サンプルホルダーをご利用いただけます。


Q.銀塩化銀インクを塗布する前にベースとなる素材の表面の前処理はしなくてよいのでしょうか?

A.特別な前処理は必要ありませんが、明らかな汚れや付着物は剥離の原因となりますので、確実に洗浄してください。きれいに見える場合でも、酸化物が付着していることがありますので、念のためアルコールなどで軽く洗浄し、乾燥させてから使用してください。


Q.白金または金電極との密着性について、塗布した銀塩化銀インクが測定中に剥がれることはないのでしょうか?

A.インクを十分に乾燥させてご使用頂ければ、測定中に簡単に剥がれることはありません。当社での評価実験では、60時間 3M NaCl溶液中に浸して測定しましたが、測定中電位は安定しており、剥離もしませんでした。また、金や白金との密着性が良く、軽くこすった程度では剥がれません。


Q.フォトレジストを使ったパターニングを考えているのですが、フォトレジストを溶かすことはないのでしょうか?

A.インクの中には有機溶媒(うすめ液)が入っています。通常、参照電極として使用する場合は塗布してから十分に乾燥させ、有機溶媒を完全に飛ばしてから使用します。


Q.銀塩化銀インクを塗布して乾燥させた後、アセトンやエタノールなどに溶けることはあるのでしょうか?

A.アセトンやエタノールなどの有機溶媒に溶けてしまいます。


Q.銀塩化銀インクを塗布して乾燥させた後、酸やアルカリに浸すとどれほどのダメージがあるのでしょうか?

A.当社の銀塩化銀インクは参照電極用に販売しております。安定した電位を得るためには、塩化物イオンを含む中性の支持電解質中でのご使用を推奨しております。直接酸やアルカリに浸すと電位が多少不安定になると思われ、ダメージは酸性やアルカリ性の強度に比例します。酸・アルカリ溶液の測定で安定した電位を得るためには、サンプルホルダーのご使用をお勧めします。


Q.インクを塗布する際、ある部分はインクが塗られているが、ある部分は塗られていないなどのムラがあっても機能するのでしょうか?また塗布したインクの厚みが一定でなくても機能するのでしょうか?

A.インクを塗布する際、塗られていない箇所があると下地の金属が反応して電位の安定性に多少の影響があると思われます。基本的にはサンプルが触れる部分は全て塗布してご使用ください。
塗布したインクの厚さが一定でなくても、電極表面に全部インクが塗ってあり、かつ、溶液中に十分な塩化物イオン濃度があれば電位は安定します。

EQCM電極に関するご質問

Q.EQCM用の水晶振動子を超音波洗浄にかけた時に、電極が剥がれるといった問題は起きないでしょうか?

A.超音波洗浄を行うとすぐに剥離することはないと思いますが、長時間(5分以上)強い超音波洗浄はおやめ下さい。また、布等によるふき取りはキズとなりますのでご注意下さい。


Q.EQCM電極表面を研磨する方法はありますか?

A.物理的な洗浄は難しいと思います。アルミナで洗うと、水晶と金電極の間に詰まってしまう可能性があります。

 

その他電極関連

Q.金電極の表面にタンパク質が付いてしまいました。除去する方法はありますか?

A.タンパク質などを金に修飾してしまうと、完全に電極表面をきれいにするのは難しいと思いますので、時間がかかりますが粗削りが必要かと思います。金電極の粗削りの方法ですが、800から1000番程度の耐水ペーパー上で、水を滴下しながら円を描く様に軽く力を加えて数分研磨します。ここで、大きなキズを付けてしまうと、鏡面仕上げの際時間がかかりますのでご注意ください。次に電極先端部を洗浄し、ダイヤモンド研磨に移ります。以下は電極ハンドブック、p-49の中間研磨、仕上げ研磨の順に従ってください。

なお、強酸・強塩基による洗浄はお止めください。PEEK樹脂が変性し、電極が使用できなくなります。


Q.金属部分をこちらから供給して電極を作ってもらえますか?

A.特注で承ります。ただし、危険性を伴う金属(放射性物質など)は、お引き受けできません。標準以外の電極(サイズ、形状)も特注で承ります。お問い合わせください。


Q.どのくらいの温度まで使用できますか?

A.当社の電極は室温での使用を前提として作製しておりますので、高温/低温の状況での動作保証は致しかねます。


Q.洗浄のために有機溶媒中に入れ超音波洗浄したところ、先端にひびが入った。交換してください。

A.製品に添付の取り扱い説明に記載されていますように、このような洗浄は当社の保証外となります。交換は致しかねます。


Q. PK-3電極研磨キットの取扱説明書にある「鏡面」の基準を教えて下さい。また、研磨を続けるとダイヤモンド研磨用パットが黒ずんできます、パッド交換のタイミングを教えて下さい。

A.「鏡面」とは目視で表面が均一であることです。つまり線状などの痕跡が見えない状態を言います。目視確認後フェリシアン化カリ或いはフェロセンなどの標準物質を使って、きれいな可逆波形のCVが得られれば、電極の表面は良いと判断します。ダイヤモンド研磨用パッドは、黒ずみを水で洗って落とせばまだ使えます。パッド交換のタイミングは、長期間使用後、パッド上の汚れが水洗でも落ちない、あるいはパッド表面が大きく変化する等で判断して下さい。


Q.くし形電極の研磨はできますでしょうか?

A.物理的な研磨は行えません。くし形電極は非常に繊細なので、くし部には触れない様にしてください。
また、くし形電極は使いきりタイプの消耗品です。ご使用後は新しいくし形電極のご購入をお勧めしております。その為、洗浄などはお客様に一任しております。


Q.サンプルホルダーを用いたCV測定の際、電流が流れない。

A.マイクロセル(サンプルホルダー)の下にはイオン透過性ガラスが付いているので、その部分が十分湿潤していないか、気泡が入っていると思われます。使用前に、先端部を12時間程度使用する電解液に浸漬し、イオン透過性ガラス部分に気泡などが入っていないかを確認してください。


Q.GCEガラス状カーボン電極の表面に模様が入っているが、使用に問題ありませんか?

A.ガラス状カーボンの材質上、表面に模様が入るのは仕方がありません。この模様は、電極特性には一切関係がありません。


Q.光電気化学計測で、ITO電極を用いたい。仕様について教えてください。

A.石英ガラス上にITOが蒸着されており、可視領域の光は透過いたします。有機溶媒には耐性はありますが、強酸、強アルカリには弱く、よう化水素酸には簡単に溶けてしまいます。



測定装置関連

装置制御用PCのOSの対応状況に関して

Q.装置制御用のPCのOSに関して教えてください。

A.電気化学アナライザーなど機種により対応状況が異なりますので、詳しくは営業かお問い合わせページよりご確認ください。

ソフトに関するご質問

Q.新しいPCにALS装置用ソフトをインストールする際「msvcr100.dllがありません」というメッセージが出てしまったのですが。

A.お手数ですが、こちらからダウンロードをお願い致します。このページからダウンロードできるものの中にご質問のファイルが含まれています。

ポータブル型pHメーター関連

弊社と新電元工業株式会社との保守契約が 2009年3月31日をもって終了いたしましたので、契約終了に伴いpHメータ関連のQ&Aは削除いたしました。



line
トップページ会社案内製品紹介テクニックガイドアフターサポートお問い合わせ

? to top