電気化学 測定装置 ALS600シリーズ 電気化学 アナライザー

トップページ > 電気化学 測定 > ALS 電気化学 測定装置

電気化学 測定装置 ALS600E 電気化学 アナライザー

電気化学 測定装置のモデル600Eシリーズは、直観的な操作性に優れたALS 電気化学 アナライザーシリーズの中で最もスタンダードで、汎用的な電気化学 測定装置としてご利用頂けるモデルです。電気化学 測定テクニックの組み合わせによって約80種類のモデルから選択でき、ご予算に応じた電気化学 測定システムを選定することができます。
電気化学 測定において、日常の分析業務と研究業務の理想的な測定装置としてご使用頂けます。

電気化学 測定装置 ALS600Eシリーズ 電気化学アナライザー

  • 特長
  • 仕様
  • テクニック一覧
  • 測定例
  • 応用例
  • オプション

電気化学 測定のスタンダード

  • CV測定 酸化・還元電位やピーク面積の自動検出
  • Windows™で起動
  • マニュアルがなくても直感的に電気化学測定条件が入力可能
  • 電気化学 測定装置の入門機として学生実験などにも最適


パラメータ モデル600Eシリーズ
ポテンシャル範囲 ±10 V
電流範囲 ±250 mA
出力電圧 ±13 V
感度範囲 ±10 pA ∼ ±0.25 A(12レンジ)
入力インピーダンス 1×1012 Ω
最小電位分解能 100 µV
最大サンプリング速度 16bit @ 1 MHz
バックグラウンド電流 <20 pA
電流分解能 0.3 fA(電流レンジの0.0015%)
スキャン速度 CV 1×10-6 〜 10,000 V/sec
パルス幅 CA, CC 0.0001 ∼ 1,000 sec
パルス幅 DPV, NPV 0.001 ∼ 10 sec
周波数 SWV 1 ∼ 100 kHz
周波数 IMP 1×10-5 ∼ 1 MHz
最大消費電力 30 W
対応OS Windows™ 8.1 / 10
インターフェース USB 2.0
大きさ(W×D×H) 365×235×125 mm
重さ 3.5 kg

※Windows™ 10 Sモードには対応しておりません。Sモードの場合は、解除を行ってください。
また、対応するのはマイクロソフト社がサポート中のバージョンのみです。


モデル名をクリックするとWEB見積書に自動入力できます
テクニック 600E 604E 606E 608E 610E 612E 620E 650E 660E
CV
LSV
SCV
TAFEL
CA
CC
DPV
NPV
SWV
ACV
i-t
SHACV
FTACV
DPA
DDPA
TPA
IPAD
BE
HMV
IMP
IMPT
IMPE
CP
CPCR
PSA
ECN
OCPT
SSF
STEP
ISTEP
RDE
Lmt CV Sim
Full CV Sim

空欄はオプションで選択可能

テクニック略称一覧


インピーダンス測定

Randles 回路の測定後のナイキストプロット表示

nih2.png





インピーダンスシミュレーション

ソフトウェアのシミュレーションからメカニズムを選択し、等価回路の作成が行えます。

circuit2.png


回路の作成後は、シミュレーション結果を表示する事が可能です。

impsimu2.png



  1. 基礎的な電気化学の電子移動反応速度測定
  2. 色素増感太陽電池、リチウムイオン電池、電気二重層キャパシタ、高分子、無機固体電解質などの研究
  3. 分光電気化学 測定のポテンショスタットとして



・ピコアンペアブースター
・高感度測定オプション
・CS-3Aと併用
・ALS600/700/802シリーズ対応


・パワーブースター
・電流範囲:±2A
・電圧範囲:±26V
・ALS600/700シリーズ対応


・マルチプレクサー
・8~64chまで対応
・ALS400/600/700/802/
 900/1100シリーズ対応



・多機能ファラデーケージ
・スターラー機能付き
・ガスパージ機能付き


・回転リングディスク電極
・PCリモート制御
・ガスパージ機能付き


line
トップページ電気化学 測定電極&アクセサリ光と電気化学分光分析お問い合わせ